読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠久の猫回廊

主に世界情勢、歴史などに関した、自分の持ってる少ない知識を晒していきますw中には予測の域を出ないものもあることを理解願いますw

南スーダンに派遣したPKO部隊、五月末撤退

国民の民意を完全に無視し、閣議決定でもって強引に通した安保法案。その安保法案のせいで「人道支援という名目で」激戦地に送り込まれた自衛隊。それが、五月末にやっと戦地から解放される。

南スーダンPKO部隊、5月末に撤収へ 首相表明 :日本経済新聞

その後、政府やメディアはこうゆう発表をするだろう。

自衛隊員が帰国後自殺」と。

 

激戦地なら流れ弾は多いと予想される。

それに戦闘している兵士たちは、自分が生き残るためには自分の前に立ちふさがる者は誰にでも銃を向ける。例えそれが味方でも。

「敵?味方?」なんて考えてたら自分が銃で撃たれてしまうからだ。

 

戦争というものはそういうものだ。

 

そんな中、自衛隊が一人の犠牲も出さずに帰国することは不可能だろう。

しかし、稲田白紙領収書日本会議防衛大臣は「自衛隊の活動地域は安全」と大嘘を吐いた手前、「戦死者がでました」とは言えない。

だから、「帰国後に自殺した」ことにするのだ。

つまり、嘘に嘘を上塗りするわけだ。

 

しかし、嘘だと分かっていればこうゆう判断ができる。

「帰国後自殺した人数=戦死した人数」と。

 

さらに酷いのは、戦死の証拠隠滅の為火葬し、遺骨の状態で家族に返される。

火葬してしまえば銃弾を受けた傷もわからなくなるからだ。

 

もし、無念にも遺族になってしまった人たちは、追求し声をあげるべきだと思う。

そして知るべきだ、自民党が「統一教会日本会議CIA政党」だと。

日本は日本人でない人間に支配されていると。