読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠久の猫回廊

主に世界情勢、歴史などに関した、自分の持ってる少ない知識を晒していきますw中には予測の域を出ないものもあることを理解願いますw

広島原爆投下を見た紫電改操縦士

歴史関連

 「これは戦争じゃない虐殺だ」と言ったそうです。

 

他ブログ様記事より

1945(昭和20)年8月6日午前7時45分、
22歳だった第343海軍航空隊(通称・剣部隊)少尉、本田稔は、
兵庫県姫路市川西航空機(現新明和工業)で真新しい戦闘機
紫電改」を受け取り、海軍大村基地長崎県大村市)に向けて飛び立った。


高度5千メートル。抜けるような青空が広がり、眼下には広島市の街並み、
そして国宝・広島城が見えた。その瞬間だった。
猛烈な衝撃にドーンと突き上げられたかと思うと紫電改は吹き飛ばされた。
操縦桿は全く利かない。必死に機体を立て直しながら地上を見て驚いた。

「街がない!」
広島の街が丸ごと消えていた。
傾いた電柱が6本ほど見えるだけで後はすべて瓦礫。炎も煙もなかった。

 

 

やがて市中心部に真っ白な煙が上がり、その中心は赤黒く見えた。
白い煙は猛烈な勢いで上昇し、巨大なきのこ雲になった。

「弾薬庫か何かが大爆発したのか?」
そう思った本田は大村基地に到着後、
司令部に事実をありのまま報告したが、司令部も何が起きたのか、分からない状態だった。


米国政府による広島、長崎への原爆投下は、民間人殺害及び、
民間人への攻撃を禁じた戦時国際法に明白に反した戦争犯罪です。

戦後、米国政府は、自らの戦争犯罪を正当化してきましたが、
どこの国の誰が見ても、許されざる戦争犯罪です。

米国政府は、被害者、愛する人を失った方々に対して、
誠意ある謝罪をする必要があります。

 

 

米国人の半分は、広島・長崎への原爆投下は終戦には必要だったと思っている現状があります。未だにパールハーバーは日本の奇襲攻撃だと思っているだろう(本当はアメリカの自作自演+日本にいたスパイ・山本五十六による共謀)。さらには、米国メディアが原爆投下を正当化する報道をたくさん垂れ流したに違いない。だから、日本を含め世界各国に米軍及び米軍基地が配備されていても米国民は何も違和感を感じないのだろう。

二度の原爆投下及び日本各地への空襲での民間人の虐殺、戦後でいえばアフガン侵攻・湾岸戦争リビア侵攻等多数、すべてアメリカの戦争犯罪なのである。

 

記事にもあるように、米国は謝罪する必要がある。これが、日本が米国から独立する一歩となることは間違いない。