読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠久の猫回廊

主に世界情勢、歴史などに関した、自分の持ってる少ない知識を晒していきますw中には予測の域を出ないものもあることを理解願いますw

自衛隊が小銃で死亡した事件

きな臭さプンプンです。

 

この事件の発端になる出来事は311(東北沖太平洋地震テロ)にあると、あるネットジャーナリストの方が言っています。

 

この地震震源域にロナルドレーガンが侵入してしまい、多数の乗組員が被爆しガンを発症している事実があります。(被災地での支援活動が原因といっているが、それなら同じ場所で活動した日本人が被爆してないのはなぜ?乗組員に説明を求めますw)実はこの時、ロナルドレーガンに同行していた揚陸艦「トーテュガ」がいたのです。このトーテュガには、北海道から乗り込んだ自衛隊数百人がいたというのです。で、この話が出てきた時あるネットジャーナリストの人が「ガン発症の事実が表に出る前に、自殺や不慮の事故を装って殺されるかもしれないから自衛隊の人は注意が必要」って言っていたんです。

この事件などはまさに、「自殺や不慮の事故に見せかけて」に思えないですか?自衛隊内に組織内組織があるという噂(噂などでなく実際あるでしょうね。S価学会員やT一協会員が潜り込んでいるでしょうから)もあるくらいですからね。

 

貴重な日本人の同胞がむやみやたらに殺されてしまうのは悔しいし怒りを覚える。